ふくらはぎの内側が太い原因と細くする4つの方法

ふくらはぎの内側だけがポコッと張り出して太いと、気になって仕方ないし、キュッと引き締まったふくらはぎに憧れますよね。

このふくらはぎの内側の太さは、下半身の関節を整える+立ち方や歩き方を改善すると細くすることができます。

僕はパーソナルトレーナーとして現場で指導していますが、実際にふくらはぎの内側を細くできたクライアントさんの例をご紹介しつつ解説しますね。

この記事では、

  • ふくらはぎの内側が太い原因
  • ふくらはぎの内側を細くする4つの方法

などを解説します。

 

ふくらはぎの内側が太い原因

おそらく、ふくらはぎの内側が太いと悩む方の原因は、わりと似ている可能性があります。

まずは原因をお伝えしますが、ご自身にも何か共通することがないか考えつつ読み進めていただくと、改善のヒントはつかめてくると思います。

日頃何気なく立っているとき、このようなことになっていませんか?

足の内側に重心が偏る

ふくらはぎの内側が太いと悩む方の大半は、

足の内側に重心が偏っている可能性

があります。

極端に表現すると、このようなイメージですね。

親指の付け根に体重を乗せる

本来であれば、重心は足の真中にあるはずですが、このように足の内側に重心が偏ってしまうとふくらはぎの内側にストレスがかかります。

そうすると、ふくらはぎの内側が張ってきて硬くなるんですね。筋肉は硬くなると、本来よりもボコッと盛り上がった状態になるため、太く感じてしまいます。

これだけであればさほど問題ありませんが、歩き方のまずさが関係しているとさらに太さが増してきます。

足の内側で着地するような歩き方

40代の女性のクライアントさんで、ふくらはぎの内側の太さで悩まれている方がいましたが、その方の歩き方を見るとこのような着地をされていました。

ふくらはぎの筋肉

ふくらはぎの筋肉

後方から見ていると、踵が少し浮いているような感じです。

こういう歩き方をしてしまうと、着地の際にふくらはぎの内側の筋肉に強いストレスがかかります。

そうすると、ふくらはぎの内側だけに筋肉がついてしまって、筋肉の硬さと合わさる形でより太くなってしまう。

これまでもいろんな方を見てきましたが、ほとんどの方はこの、

  • 立ち方
  • 歩き方

に問題があって、ふくらはぎの内側が太くなっていると言えます。

むくみや脂肪で太さが増す

さらに、むくみや脂肪が重なってくると、より太くなってきます。

クライアントさんの場合、事務職をされていて1日中座りっぱなし。

猫背のような座り方

こういう姿勢で長時間座っていると、太ももが椅子との接地面で圧迫され、下半身全体が浮腫んできます。

実際にふくらはぎもパンパンに浮腫んでおり、こういうむくみが重なるとより太く見えますよね。

また、研究からわかっていることは、

むくみが長期間続く部位程、皮下脂肪がつきやすくなる

ということで、もし常にふくらはぎが浮腫み続けている方は、脂肪も多くついてしまっているかもしれません。

その他には、

  • 食べ過ぎ
  • 運動不足
  • 自律神経の乱れ
  • 低体温や冷え性 など

こういうことが起こっていれば、より身体は脂肪を蓄えやすくなる。

こういったことを総合的にやってしまっていれば、ふくらはぎの内側だけ特に太くなってしまうということが起こります。

ちょこちょこ動く癖がある

また、もう少し問題点を具体的に言えば、クライアントさんの癖の1つに「ちょこちょこ動く」ということがありました。

例えば、仕事中に近くの棚に移動したり、何か少し動くとき、どことなく可愛らしい動きをしている方っていませんか?

クライアントさんもそうでしたが、こういう小動物のようなちょこちょこ動きをする方の足元を見ていると、大概のケースでつま先着地になっています。

つま先で地面を突くような着地

見た目として可愛らしいで済ませれますが、意外とこのときふくらはぎの内側が受けるストレスは非常に大きいんですね。

速筋といって、刺激を受けると太くなりやすい筋肉に刺激が加わり、これだけでも筋肉がついてしまうぐらい。

実際にこういう動作を改善したところ、ふくらはぎの内側が細くなってきましたが、こういうちょっとした動きの癖も原因になっていたりします。

重心が低すぎるのも問題

また、歩くときなどの重心が低いことも問題になってきます。これは実際に試してもらうとよくわかりますが、まず足元に意識を向けて何気なく歩いてみてください。

脚に意識を向けて歩く

次に、頭や胸元に意識を向けて歩いてみてください。

重心を前に運ぶように歩く

そうすると、

  • 足元に意識を向けて歩く=身体が重く感じる
  • 頭や胸に意識を向けて歩く=身体が軽く感じる

という変化が生まれます。

これは、重心の位置を変化させることで身体にかかるストレスが変わるということを意味しています。

つまり、

日頃から重心の位置が低くなっていると、その分ふくらはぎにかかるストレスも大きくなる

ということ。

さらに、つま先で着地を繰り返してしまっていると、よりふくらはぎの内側にストレスがかかり太くなりやすい。

ここまでのことをまとめると、

  • 足の内側に重心が偏る
  • 足の内側で地面を突くような歩き方をしている
  • また、重心が低い状態で歩いてしまっている
  • そこにむくみや脂肪が重なってしまう
  • その結果、ふくらはぎの内側だけが太くなってしまう

ということが起こっているということですね。

逆の言い方をすれば、これらの原因を取り除くようなことができれば、ふくらはぎの内側は細くできるということです。

動画でも詳しく解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

次は、具体的にふくらはぎの内側を細くする方法を解説しますね。

 

太いふくらはぎの内側を細くする4つの方法

ポイントは、

  1. 下半身の関節を整える
  2. 足首を一気に脱力する
  3. ダイエットで脂肪を落とす
  4. 立ち方や歩き方を改善する

こういった一連の流れ全てを実践することです。そうすれば、ふくらはぎの内側は細くなっていくので、ぜひ1つずつ時間をかけて読み進めたり、実践してみてください。

①下半身の関節を整える

まず最初に行ってほしいことは、

  • 股関節
  • 膝関節
  • 足首の関節

この3ヶ所の関節の捻れを改善することです。そのためには、下半身全体の筋肉を柔らかくほぐせば改善が可能です。

それぞれの具体的な改善方法は、こちらの記事で解説しているので、まずはこちらの記事をご覧いただいて実践してみてください。

もう1つぜひしてほしいことが、次の方法ですね。

②足首を一気に脱力する

この方法は、ふくらはぎの筋肉の張りや硬さを改善する方法です。これをすれば、むくみも改善できますよ。

手順

  1. 座った状態で、片膝を90度に立てる
  2. 両手は身体の後方につき、足元をリラックスさせておく
  3. 鼻から息を吸いながら、4カウントでつま先を軽く持ち上げていく
  4. 4カウント経てば、口から息を吐くと同時に足首を脱力する
  5. これを片側10回繰り返す

ポイントは、足を持ち上げたときにグッと力を入れるのではなく、ただただふわ~っと軽く持ち上げて一気に脱力する。

こういう気持ち良く足首の上下ができると、ふくらはぎの内側の太さはスッキリするので、ここだけおさえておいてほしいですね。

もしむくみに悩む方は、こちらも参考にしてみてください。

③ダイエットで脂肪を落とす

脂肪が多くない方は、①・②のことで十分ふくらはぎは細くなってきますが、脂肪が多い方はダイエットも合わせて行うことが重要です。

このダイエットについては、こちらの動画を参考にしてみてください。

④ふくらはぎの内側を刺激しない立ち方・歩き方に変える

最も重要なことはここからのことですが、先ほど原因のところでふくらはぎの内側が太くなるのは、

  • 立ち方
  • 歩き方

など姿勢や動作が関係しているとお伝えしましたよね。

①~③を実践していただくのと同時に、必ず根本原因を取り除く必要があります。つまり、

立ち方などの姿勢や動作そのものを改善する必要がある

ということです。

ここに関しては、別の記事で詳しく解説しているので、これらの記事を参考に実践してみてください。

ここまでお伝えした一連の流れができると、太いと悩んでいたふくらはぎは細くできるので、ぜひ参考に実践してほしいなと思います。

 

まとめ

今回は、ふくらはぎの内側が太い原因と細くする4つの方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • ふくらはぎの内側が太くなるのは、複数の原因が関係している
  • 足の内側に重心が偏っていたり、つま先で着地を繰り返している
  • また、これらに合わせてむくみや脂肪によってより太くなる
  • 細くするためには、まず下半身の関節の捻れを改善する
  • さらに筋肉をよりほぐし、ダイエットを行う
  • そして、立ち方や歩き方などを改善して根本原因を取り除く

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が、ふくらはぎの内側の太さで悩む方の参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

現場で見ていても、ふくらはぎが細くならないということはないですよ。必ず細くできる方法はあるので、諦めないでくださいね。

まだまだ理想の自分に近づく方法はあるので、一緒に変われるように頑張っていきましょう。

 

無料体験・相談を随時受付中!


IzuruStyleでは理想の身体になりたい方を応援しており、1人ではできない、何をしていいかわからない方はぜひ一緒に理想の身体を目指しましょう。無料体験も行っており、まずは気軽にご相談くださいね!

無料体験はこちら≫

1名限定モニター募集はこちら≫


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む